川根茶・川根茶の山香荘茶園だより・川根本町・川根の自然・茶園

川根茶・茶農家のこだわり茶・川根の自然を美味しくお届けします。

新しい令和元年初の、天皇陛下・皇太子様・上皇様に、初の献上茶をさせて頂く川根本町、当園は、茶園の指定を賜り、たいへんな緊張のもと、入念な茶園の管理をさせていただいてきました。この4月26日には、すばらしい新茶となり、30人を越える茶摘みのご奉仕の皆様のご協力のもと、すばらしい新茶が摘み取られ、無形文化財の手もみの名人の手により、見事な新茶が謹製されました。この日を迎えられ、皆様に心より感謝いたします。この献上茶は、5月即位された、天皇陛下、上皇様、皇太子様に、献上させていただくこととなっております。献上は、関係者の皆様と共に、皇居・宮内庁・東宮御所に、お持ちし、献上させていただくことになっております。お茶を生産しているものとして、心から感謝して、本年も新茶の生産に頑張ります。イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3


イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3
川根本町より、令和元年の初の新茶を、新天皇陛下、皇太子様、上皇様に、当園茶園より献上させていただくことになり、指定いただいた当園では、大変な緊張感を持って、これまで入念に茶園管理をしてまいりましたが、この4月26日めでたく実行委員会主催で、茶摘式神事も行われ、当園指定茶園からも新茶が茶摘され、手もみ保存会名人の手で、見事に製茶され、すばらしい新茶ができました。献上茶園指定を賜った日より、たいへんな緊張の毎日でしたが、無事この日を迎えられ、心から感謝申し上げます。でき上がったこの新茶は、令和元年5月献上茶として、お届けする運びとなっています。引きつづき、新茶の生産が本格化そます、令和がすばらしい時代となりますよう、心をこめて令和の新茶の生産をさせていただきます。

今年も、新茶に向けての茶作業が、忙しくなっております。日差しも明るく強くなって、早咲きの桜が川根路にもあちこちで、美しいピンクの花を咲かせています。こうしたなか、川根の当園茶畑では、寒肥からはじまり、草取りや、勇気100パーセントの元肥を入れ、耕運作業も完了、化粧刈りと言う、ミリ単位で、フルはの除去のための、茶カリ作業中です。新茶に古葉が、混じらないようにする大事な作業です。深く刈り過ぎるとせっかく膨らみかけた新芽を切り落としてしまいます、ミリ単位の繊細な作業です。
イメージ 1

↑このページのトップヘ