川根茶・川根茶の山香荘茶園だより・川根本町・川根の自然・茶園

川根茶・茶農家のこだわり茶・川根の自然を美味しくお届けします。

2007年11月

イメージ 1

イメージ 2

大井川沿いの、川の沿岸も、大井川沿いに上流に向かう道路沿いも、遠くや近くの山々も、今が、一番色がつきました。どこを見ても、本当にいろいろな色に染まって、とてもきれいです。
 新聞やテレビで紹介されたのは、紅葉の始まりで、今年は特に7日から10日ほどの遅れであったため、今、本当にきれいです。ぜひ、ゆっくりおいでください。新鮮な山の空気を胸いっぱいに、吸い込んで、色づいた木々を見ていますと、今年のクライマックスが思われ、切なくなるほどです・・・・
私のカメラ、携帯で撮影したので、画像が悪くてすみません。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

秋もだいぶ深まりまして、もみじも色づいてきれいになりました。山々の木々も、大井川沿いの、木々もみんな、秋色に色づいて、紅葉真っ盛りの奥大井川、奥川根路です。
 観光バスで、紅葉を楽しみにこられる方も、マイカーの方も、山道を散策しようとして、日中はいいのですが、日が傾くと急に寒くなって驚かれます。山の中は、この時期、温度の変化が大きく、急に冷えてきますので注意が必要です。
 当園では、今、茶畑は冬に向けて、植えたばかりの茶園では、寒さや干害にあわないように、山の草を刈ってきて、茶園の畝間に強いたり、大きくなった茶園でも、寒さの強い場所は、やはり同じように敷き草をしたりして、茶の木を守ってあげます。大変な作業ですが、来年の新茶のためにこつこつと、作業します。
 直売所の方は、お歳暮の荷造りと、発送の準備を始めています。今年もより多くの方に、お歳暮や、お年賀で、当園のお茶ぜひお使いいただきたいな・・と、祈りつつ・・・
 
 写真は、今年植えたばかりの苗木の茶園の敷き草の様子と同じく普通の茶園の敷き草、当園の前の茶園の様子と向こう側に大井川、その向こうの山は紅葉に色づいてますが、ちょっとわかりづらいですね。
 最後の写真は、鈴の形の可愛い茶缶に、当園の川根茶を入れまして、この秋新発売の缶入り茶です。
かわいい缶が、後、小物入れにもなります。税込み千円です。お問い合わせください。

イメージ 1

秋・冬に向けて、当園のご案内を発送いたしております。
この『ご案内』には、今年のお勧めの「お歳暮セット」やご注文の方への特別プレゼント、
お贈りする先様に、当園からのおまけのお品、ご希望の方への、無料便利グッズ
などなど・・・一生懸命考えましたお客様への感謝の気持ちがいっぱい詰まっています。
いつも通販ご利用の方には、数日中に到着いたします。
ぜひ、お歳暮に、本場の川根茶をと、お考えの方、普段飲まれているお茶、ものたりないな・・・
と思われている方、この機会に、この『ご案内』お取り寄せしてみてはいかが?
お申し込みは、当園に直接お電話0120-68-4188か、メールで住所氏名お知らせください。

イメージ 1

ここに来て、急に寒くなってきまして、秋が深まりました。
奥川根も、日本全国の温暖化の影響からか、例年より一週間ほど遅れて、
紅葉が、色づいてきています。
11月半ばを過ぎて、ようやく寸又峡や接阻峡がきれいになりました。
大井川沿いに上流に登ってこられますと、川沿いに見える山々や、川の沿線の
木々が、きれいに色づいて、ドライブも楽しめます。
これから、12月半ばまで、色々な木々が順番に色づいてきますので、その時々の
紅葉の美しさに出会えます。ゆっくりとドライブして、温泉に入って、秋の奥川根路を
お楽しみください。お帰りには、当園で、おいしいお茶を、一服どうぞ・・・
お土産は、もちろん当園の純な自園の川根茶よろしくお願いいたします。
この写真は、11月20日朝、当園のすぐ東側の山、方向としては、千頭寸又峡方面
に向かって撮影したものです。見えている川は、大井川です。

↑このページのトップヘ