川根茶・川根茶の山香荘茶園だより・川根本町・川根の自然・茶園

川根茶・茶農家のこだわり茶・川根の自然を美味しくお届けします。

2008年01月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

大井川上流の奥川根の郷に、今年初めての雪が降り積もりました。
茶畑も真っ白な雪に覆われ、山々も白く雪化粧をして、いつもとまったく違う風景に、感激しました。
雪国の方にはしかられそうですが、奥川根は山の中ですが、やはり、静岡県てすので、雪はちょっと珍しいのです。いつもの年は、この時期茶畑の土が、乾燥気味になりますので、しっとりと槌をぬらす、この時期の雪は、とてもありがたいのです。
 といいますのは、里に降り積もる雪は、どんなに降っても、日中になってお日様が出ますと、ほとんど解けて、土をしっかりやさしく濡らしてくれるのです。もうすぐ節分、節分が過ぎると、茶畑には寒肥を入れ始めます。茶の木の中では、春が目覚める頃、しっかりと、確実に、動き始めています。
寒いこの時期の、当園の茶畑の様子を、ご覧ください。
早朝の、霜のおりた茶畑、霜の結晶がきらきら光ります。
そして、雪景色の、茶畑です。
さぁ・・・私も、寒さに負けず、気合を入れなきゃ・・・・

イメージ 1

平成20年子の年、新年明けましておめでとうございます。
皆様のお正月は、いかがでしたか。?こちら大井川上流の当園のあります、静岡県川根本町元藤川という村のお正月は、穏やかで静かな三が日でした。その後も雨が降ったりした日もありまして、空気も湿度があって、やわらかで、日中は、ちょっとぽかぽかと、暖かな日が続いています。
 日中は、昨日など3月下旬の陽気になり、驚きました。
でも大井川の上流の田舎です、朝晩は、やはり、冷えます。
茶園の様子は、とてもいい状況です。なんといっても、時々雨がしっかり降っていますので、土が乾くということが無く、植えたばかりの、苗も、まったく潅水する必要も無く、順調に育っています。
今年の新茶が、とても、期待できそうで、わくわくです。では、皆様にとって、新年がシアワセで、ご健勝な年でありますようお祈り申し上げます。

↑このページのトップヘ