川根茶・川根茶の山香荘茶園だより・川根本町・川根の自然・茶園

川根茶・茶農家のこだわり茶・川根の自然を美味しくお届けします。

2009年10月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今年の紅葉が、どんな状況か、見に行ってきました。最新情報へも掲載いたしましたが、今年の紅葉は近年にない美しさであると、確認してまいりました。これからの一ヶ月半川根路は、美しい秋色に染まります。皆様のお立ち寄りをおいしいお茶をご用意してお待ちいたしております。

イメージ 1

イメージ 2

今年の紅葉が、どんな状況か、見に行ってきました。最新情報へも掲載いたしましたが、今年の紅葉は近年にない美しさであると、確認してまいりました。これからの一ヶ月半川根路は、美しい秋色に染まります。皆様のお立ち寄りをおいしいお茶をご用意してお待ちいたしております。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

奥川根の川根茶のふるさとは、いよいよ秋色に染まってまいりました。高い山から順番に、紅葉が、下りてまいります。海抜1000メートルクラスの山は、現在写真のように美しい自然の紅葉が、素晴らしいです。今年は、台風の影響も無く、赤も黄色もオレンジも・・・本当に美しく、近年にない素晴らしい紅葉になっています。これから、12月の半ばまでは、いろいろな秋色に彩られてゆきます。お茶もおいしい季節、おいでいただき、ぜひお立ち寄りください。お待ちいたしております。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

『川根茶のさわやかな香りや、甘み渋みなどさまざまな自然の味の調和した深い香味を、どうか、生活の中に取り入れ、一瞬の、ひとときの、こころのリラックスを、楽しんで欲しい・・・・大自然の恵み、大自然の奥川根茶のふるさとの景色を、一碗の茶のなかに見つけて欲しいのです。・・・』と、私ごとき、大井川の山奥の小さな茶農家の鈍農であります者が、もったいないことですが、静岡県の産業大学のシンポジュウムで、多くの皆様の前で、お話をさせていただきました。これを中日新聞社の記者様が、取材くださり、載せていただきました。写真を載せましたので、ぜひご覧ください。その後、再度当園まで、取材くださり、先にご紹介しました『まちかど博物館』のことについても、資材いただき大きく乗せてくださいました。ちょうどその折おいでいただいていたお客様も、写真が掲載されました。有難うございました。身に余ることでございました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

川根茶産地のど真ん中、当園では、夏の間適度な雨と、充分な肥料、強い夏の太陽のおかげで、茶畑では、葉や茎をのびのびと伸ばし、来年新茶に向けて、たっぷりと養分をためておりました。(写真)、
この茶の木も10月初旬の平均気温15度以下を境に、根も葉も、成長を止め、冬眠期に入ります。このタイミングで、写真のように、伸びた茶の葉を、きれいに刈り落とします。これでようやく来年の新茶待ちの茶畑になりました。茶畑の風景も一変して、綺麗に整えられたお庭のようです。刈りそろえた茶の木の下には、ひっそりと茶の花が咲いています。

↑このページのトップヘ